自社の看板制作を依頼する

アクリル板

専門業者に頼み、アクリル板を用いた看板を作ってもらう場合、様々な費用がかかってきますが、中でもアクリル板の大きさが、看板製作にかかる費用を大きく変動します。ただし、いくつも同じタイプの看板を依頼する際には、割引してくれる場合もあるでしょう。

詳しく見る

電子部品に使う材料

作業員

酸化チタンでコーティングをすれば電子部品は紫外線から守られ、より良い性能と耐用年数を発揮する製品を作れます。光触媒活性物質として使われる酸化チタンを使って外部の専門業者に加工してもらえば、安くていい電子部品に仕上がるでしょう。

詳しく見る

加工業者への依頼

素材

金沢市の金属加工業者は多数存在しているので、業務委託の依頼を行う際には大手から中小まで含んだ複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。小さなところに直接依頼すると性格で安く仕事を請け負ってもらえるので、高品質で低価格な製品を実現可能です。

詳しく見る

ガラスと比較してみる

アクリル板

1934年に企業向けに作られたアクリル板ですが、現在では企業の様々な商品として用いられています。アクリル板の良い点としては、加工をスムーズに行うことができ、さらに壊れにくいというガラスにはない魅力が備わっています。

詳しく見る

便利なものほど有害

作業員

酸化チタンはその優れた性能から、白色塗料や薬などに使用されてきました。海外には質の高い酸化チタンが多いとされており、国内にいても通販サイトを利用すれば購入することが出来るでしょう。

詳しく見る

技術のある加工業者を探す

素材

実績や提案力を事前に確認

石川県の県庁所在地である金沢市は、昔から繊維製品製造業が盛んな街として知られてきました。一方で戦後は海外からの製造技術を積極的に取り入れ、金属加工の分野でも名を馳せています。高い技術を有する金沢市の金属加工業者は、精度の高い部品作りの依頼に最適です。どの金属加工業者も信頼できるものの、急ぎの用であればこちらからの依頼にすぐに応えてくれるところを選ぶのがおすすめです。そうした業者を見極めるには、見積もりを出した時にすぐに返ってくるかどうかを見ます。フットワークの良い業者は、顧客からの見積もりにもすぐに適切なものを返してくれます。そうした業者なら納期が短い部品の製造依頼の際にも安心できるはずです。その業者がどういったジャンルに強いのかも、依頼する前にチェックしておきたい点です。小さな部品や高い精度が求められる部品を依頼したいときには、金沢市の業者の中でもマイクロレベルの微細な加工技術に実績のあるところにお願いすると確実です。一方で形状が簡単なものや精度を必要としない場合には、コスト的に有利な量産技術に長けた加工業者がおすすめです。加工業者に依頼する時は、今後新たな提携先として長く手を組む可能性も視野に入れたいものです。金沢市には技術力のある金属加工会社が多く、部品加工で行き詰まった時でもアドバイスをもらえることも考えられるからです。良きパートナーとなる会社を見つけるには、技術に加えて提案力を持つところを選ぶのがコツです。製品づくりで悩むようなときにも親身になって相談に乗ってくれることでしょう。